Emme's Personality :
○一人っ子 ○左利き ○火星人マイナス ○動物占い:ペガサス ○特技:日本舞踊(名取)、長唄、いつでもどこでもすぐに眠れること ○好きな色:ブルー、うす紫、オレンジ ○好きな言葉:「きっと大丈夫」
3才より日本舞踊を習い始め、16才の時に名取りとなる。 短大卒業後、ボーカルレッスンを受けながらプロのミュージシャンを目指す。 EPOのバックコーラスのオーディションに合格後、松任谷由実、今井美樹、MISIA、吉田拓郎など、多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加。

1995年より長唄を習い始め、1997年に東京芸術大学邦楽科長唄別科に入学。 伝統音楽と、これまでに培い体験してきた音楽とがひとつに混ざりあい、独自の歌のスタイルを誕生させる。
  • オリジナルアルバム:「Yoy asa 」(02年)「 Emme 」(04年)いのちの地(08年)おとなの子守唄(12年)
  • ユニット 遊楽(ゆら)「あいのうた」(05年)
  • 声のワークショップ」主宰/専門学校ボーカル講師
  • 浅草「三社祭」公式テーマ曲の作曲、ボーカル担当
  • アイルランド大統領来日のレセプションパーティにて歌唱
  • 常磐津文字兵衛リサイタル出演
  • 新潟中越地震のチャリティコンサート出演
  • ALTAN祭り出演
  • スウェーデンライブ、NYライブ他、多くのアーティストと共演
  • 愛媛県内子座にてコンサート
  • 朗読劇「サド侯爵夫人」出演
  • 映画「GHOST IN THE SHELL」ヴォイス参加
  • コンサートミュージカル「動物会議」出演
  • 語りと音楽のユニット「楓民」メンバー

江戸の流行歌、長唄をバックグラウンドに持つ、新時代の「日本発ワールドミュージック」 たおやかなオリエンタルヴォイスEmme。
「Emmeとその歌声のことをかんがえるとき、わたしの中には濃い緋桃色と、艶やかな紫色が浮かんできます。 なんでなのかはわかりません。 音や声というのは、ココロのなかで映像になったり、色になったりします。 その色がまたべつの音や、声をはこんでくることもあります。 そして、ココロにそういう効果を、絵画や彫刻のコトバで言うとムーヴマン、というのでしょうか、“波”を起こさせてくれる音楽が、私は好きです。
それは自然、というもののもつチカラや営みに、リズムに、とてもよく似ているからです。  Emmeの居る、創る音楽は、そういう密やかでダイナミックな出来事にみちているのです。 」
(シンガーソングライター鈴木祥子さんからの応援メッセージ)