涙うるうる胸いっぱい

[2019/04/28 更新]

子供の頃から大の歌舞伎好きだった彼が、歌舞伎役者、中村芝喜松として「雀成会」に出演した舞台を拝見してきました。
全身を「鯒(こち)」の着ぐるみに覆われた芝喜松さんと、いなせな船頭役の中村歌之助さんとの軽やかで滑稽で踊りを堪能いたしました。
幼稚園の彼を、初めて日舞のお稽古に連れていったのが私なので、気持ちはお母さんと一緒です。
幼い彼の姿を思い出しながら、ずっと感動の余韻に浸っています。
神さまから与えられた素質をぶれることなくまい進し続ける芝喜松さん。
近所のおばちゃんはずっと応援し続けるよー!


間違えてよかった

[2019/04/07 更新]

レッスン日を間違えていたことに気づかず向かった大門駅。地下鉄から地上に出たとたん、御詠歌が聞こえてきて、稚児行列や美しい法衣を纏った僧侶たちが増上寺に向かって練り歩いていました。その日は、法然上人の命日の法要が増上寺で執り行われる日でした。人の流れについていった私は本堂での法要にも参列し、ご焼香までさせていただきました。果たして関係者でない私が参列してよかったのだろうか、という思いもありますが、、、仏の大いなる導きだと解釈いたします。
おかげで貴重な体験をさせていただきました。本堂に響く雅楽、お香の香り、そして声明の響きにこころが静かに洗われました。手帳のスケジュールを見間違えてよかった!


お花見

[2019/04/02 更新]

今年もお花見に行ってきました。場所は立川にある昭和記念公園。少し寒かったですが、友人達とおだやかな時間を過ごせました。
友人2人とも、時期を同じくして子供の結婚が決まり、ひとりはグァム島で挙式を終えたばかり。花嫁花婿の写真ももちろん美しく幸せそうでしたが、友人と旦那さんのツーショットの写真に、ここまで歩んできたふたりの軌跡、夫婦愛が写しだされていてなんだか心があったかくなりました。
彼女たちと出会って40年。あの頃想像もできなかった人生をそれぞれ歩んでいます。
この日は新元号「令和」が決まった日と重なりました。昭和天皇御在位五十年を記念して建設された公園で新元号を知ったことは思い出に残るでしょう。


声のワークショップ レポート

[2019/03/18 更新]

3月16日に行った声のワークショップは、個性豊かな参加者のみなさまとともに、充実したレッスンとなりました。
今回のテーマは「声のライン」。自分の声を相手に届けようとしたとき、どれくらいの声量で視線、意識はどこを向いているのか、、、普段とは違う体のセンサーを敏感に感じとってもらえたのではないかと思います。
この企画、今後も続けていきますので、気持ちよく声を出したいと思っている方は是非参加してみてください。

以下、ワークショップを企画してくれたStudio M&のスタッフ、ヨガインストラクターのカナさんからのレポートです。

オープン・ボイス〜身体と心が自由になる声のワークショップ(オープンクラス)〜
Emmeとスタジオメンバーのカナが継続的に行っているワークショップ。Studio M&に場所を移して初開催。ほぼノンストップで動きっぱなし、声出し続けます💛どんどん参加者の皆さんの声がつやつや、キラキラしてくるのがスタジオ内を満たします。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

活動はそれぞれ異なる参加者でしたが、「声で届ける」を一緒に続けていきたいですね!
次回は5月18日(土)13:00〜15:00予定です。詳細またHP,FBなどでご案内していきます。


朗読会

[2019/03/11 更新]

3月10日、朗読の発表会がありました。初めてのひとり語りで私が選んだ作品は、藤沢周平の「遅いしあわせ」。
本番で何度かつっかえてしまったのは悔しいですが、トライしてみたかった町人ものがやれて嬉しかったです。
学ぶことの多い朗読、これからも続けます。いつも的確なアドバイスをくださる堀井真吾さんに感謝!
本番の場所は阿佐ヶ谷にある老舗の名曲喫茶「ヴィオロン」。いつか蓄音機から流れるクラシック音楽を聞いてみたいです。

Page 2/170 - Total 846件 | 前のページ | 次のページ |